専門の皮膚科医に、違和感のある肌パーツを看てもらい、不安を解消

女性ばかりということで通うにしても、毎月の生理時はどうなるのか気になります。

生理がきてしまったら、早めに連絡を入れて予約を変更しよう。

ですがお手入れ不可なら、その点は気をつけたいところです。

生理になりそう!予約変更はできる?

女性の身体は毎月の月経に左右されていますので、ホルモンがアンバランスになりやすい生理の時は、あまり脱毛には向いてはいません。

手伝って、お肌も非常にナイーブになります。
前日までに生理が来そうだったら、ほかの日に予約を変更したほうが無難でしょう。

回数パックのプランで契約をした場合では、予約をした前の日までの、夜の23:59まででしたら、予約を変更したりキャンセルをすることができます。
その時は、無料でキャンセルできます。

女性は自分が生理になりそうなのが、感覚的にわかりますので、その前兆を感じたら、早めに予約日を変えるか、思い切って一旦キャンセルにするかしたほうが良いでしょう。

本当に急にお手入れです。

もしも全てが得でしょう。

月額制のプランで契約をした場合ですが、こちらは少々条件が厳しくなってきます。

生理の時は予約を変更したいと考える女性が多いですが、数日前にキャンセルや変更をしても、驚くことに脱毛の1回分が消化の扱いとなります。

月額制のコースにはこうした厳しい面があります。

ですから上半身のお手入れでしたら、ヒップやVIOパーツは特に問題ないので、上半身の施術の月でしたら、特に問題もなくお手入れができます。

下半身の月であったとしても、ヒップとVIOパーツ以外でしたら、施術できます。

とはいえ、VIOパーツは1回分の消化となりますので、損をしないように、自分で入れることが大切。

生理中の施術の流れは?

生理前の女性は、心身ともに不安定になりやすいですが、お手入れはできます。

ただサロンでもトラブルを防ぐ必要はありますので、生理痛を和らげる鎮痛剤を飲んでいたら、薬を飲んでから3日間のあいだは、サロンでのお手入れはできないことになっています。

生理の重さは人それぞれですので、普段から痛み止めを飲むくらい生理痛に悩まされる場合は、その期間は施術を避けましょう。

生理のときでもスタッフに伝えなければokと考えるとしたら、100%正直に伝えましょう。
ヒップとVIOパーツは、下半身の施術時にはわかってしまいます。

生理の時に脱毛を受けるのであれば、担当をしてくれるスタッフに、現在生理期間がエチケットです。

ショーツはそのままで、ほかの衣類は全て脱いで、ラップタオルに身を包みます。

月額制コースの契約でしたら、全身の脱毛は、上半身と下半身の月に分かれて行います。

上に来ている洋服だけを着替えます。

お手入れをする月でしたら、下のスカートやパンツを脱いで、下だけ着替えます。

生理の時の脱毛は横になって行いますので、出血の量が多い女性などは、念のためサイズの大きい物との併用をしたほうが良いでしょう。

でも基本的にはデリケートな生理中の時期は、あまり向いていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です