マンション売買はもっと慎重であるべき。

すでにマンションに住んでいる人が新しいマンションを購入する時のことを考えてみましょう。
今所有しているマンションを売却して、その売り上げを基に新しいマンションを購入することになります。

まず売却において注意すべきポイントを紹介します。
不動産会社に査定をしてもらうことになりますが、飛び抜けて高い価格を提示する不動産会社があります。

その価格に釣られて、売却の手続きを始めてしまうことでしょう。
しかし、相手はその価格から値引き交渉をすることを前提としている場合が多いのです。
やり取りをしている間に時間が過ぎていきます。

売却を決めてから新しいマンションを探そうと思っていたのに、いつまでも次の段階に移れなくなってしまいます。
それから、過去の事例や購入時の金額に囚われないようにしましょう。

購入時から年月が経っているのですから、安くなってしまうことは避けられません。
また、購入物件の価格よりも売却価格の方が安いのは常識です。
売却が決まってから購入物件を探しても十分間に合います。

お気に入りの物件があれば、それを仮押さえしておく手もあるでしょう。
今住んでいるマンションの不便な点が新しいマンションでクリアできているか、ポイントをしっかり押さえておきましょう。

長年住んでいるとどうしても老朽化してきます。
それでも愛着があるはずです。

慌てて売却しなくてもいいのかもしれません。
焦る必要は全くなし。
じっくり時間をかけて考えをまとめ、あなたにとって1番よい決断をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です